運営受託

テナント有効活用事業

テナントビル有効活用事業画像東京の2003年問題に端を発したテナントビルの空洞化は益々進み、高齢のビルほど空室が目立っています。賃貸条件を下げて募集しても、近隣のビルも同じ様に賃料を下げ、値崩れを起こしています。値段だけで勝負するのではなく、そろそろビルの中身(内容)で勝負する時代がきたのではないでしょうか?

私たちOFFICE ATTENDは、テナントビルの空室でお困りのビルオーナー様、より効率的なビル経営に興味をお持ちのビル経営者様、現在テナントビルの建設をお考えの開発業者様など、お客様それぞれのニーズにあわせたSOHOオフィス運営のノウハウをご提供いたします。テナントビルの空室が少なくなり、町を活性化させるサポート役としてお役立ていただければ幸いです。

契約形態

サブレンタル契約
オーナー様に、OFFICE ATTENDとしての内装工事をして頂き、当社はその施設を賃借致します。
オーナー様の工事負担分は、間仕切り・空調設備・電気設備等の基本的に動かせない設備です。当社の工事負担分は、家具備品・コピー機・電話設備等の動かせる備品類です。開業後は、オーナー様に転貸することをご承認頂き、当社はテナントとして賃料をお支払い致します。
業務委託契約
内装工事は備品類も含め全てオーナー様のご負担になります。開業前の準備段階として、内装工事の助言・スタッフの教育・テナント募集広告のアドバイス等をさせていただきます。開業後は、基本的にオーナー様が経営するOFFICE ATTENDを当社が業務受託するという方法です。
OFFICE ATTENDの テナント様からの賃料収入等はオーナー様に帰属し、当社はオーナー様から一定の業務委託料を頂戴します。
コンサルティング契約
OFFICE ATTEND開業までの内装工事の助言・スタッフ教育等を行います。 また、開業後はテナント募集広告や業務遂行のアドバイスを行います。
資料請求

開業までの流れ

開業までの流れ画像

オフィスアテンドでは東京・大阪・福岡にレンタルオフィスやバーチャルオフィス・貸会議室をご用意しており、ご利用になる際はお気軽にお問い合わせください。

スマホサイト版に切り替え